ヌサドゥアの大型リゾートを楽しむならここ!~ソフィテル ヌサドゥア~

ヌサドゥアの大型リゾートを楽しむならここ!~ソフィテル ヌサドゥア~

BY hisss · 2017年2月13日


今回は南国の島バリ、らしくオンザビーチのヌサドゥアのホテル、ソフィテルをご紹介したいと思います。
ヌサドゥアのビーチにはデラックスの大型ホテルがずらーりと立ち並んでいますが、どこがいいんだろう、という方に、
もう一度泊まりたい!と思える私のおすすめホテルは、ラグジュアリーならソフィテル、もっとラグジュアリーならリッツカールトンです。
(あ、2つに絞っちゃいましたがその他旅のスタイルやご予算に応じておススメホテルをご提案します!)

——————————————————————————————————————————–
調査依頼その㉘ ヌサドゥアのホテル、どこがおすすめ?
——————————————————————————————————————————–
ソフィテルの何が好きか?というと、1番はプール、2番は部屋、3番新しい(2013年オープン)のでキレイ。
大型リゾートを1日中楽しむにはプールが楽しめないとXだし、部屋は使い勝手が良くないと寛げないし、汚さを感じさせないことは重要。

それでは入口から。

何度か訪れましたが門番セキュリティーが厳重な顔なのが欠点かも…

ロビーへの道。夜はこんな感じ。

中央のらせん階段を下りて行くとレストラン。

そしてその先に見えるリゾートの全景、と海。

8ヘクタールの広大な敷地には全415室のビルディングの部屋とヴィラがあります。
お部屋は、ビルディングにあるラグジュアリールームをご紹介します。
↓ベッド1台のキングサイズベッドのお部屋。

↓ベッド2台、ツインのお部屋。

部屋にあるものは一緒で、広さは48m².

涼しい部屋の快適なソファでTVを見るのは幸せ♪

↓コーヒーマシンも本格派。WIFIも各部屋に設置されてます。

そしてこのバルコニーのゆらゆらスイングがポイント高!心地良過ぎて1時間位座っていた程…コーヒーをお供に是非。

このスイングはキングサイズベッドの部屋にあり、ベッド2台のツインの部屋にはない(キングの部屋は椅子1つ、スイング1つ、ツインの部屋は椅子が2つ)とか。なのでビルディングの外側から、キングの部屋、ツインの部屋、が分かるのですね。

バスタブ。家から持ってきた顔を洗う石鹸とか、このような物を置く場所があると直に置くよりいいですね。

シャワーブース。写真左下にあるちょっとした椅子があり、物が置けるし足の裏を洗ったりするのにも便利。

引きこもりたくなるほど快適な部屋…。

ちなみにソフィテルは、フランスを拠点に世界にホテルを展開するブランド。
ということでアメニティは、ビルディングタイプのお部屋はランバン、ヴィラはエルメスです。

次に●プール。充実していて1日中遊べます。大きなメインプール。屋根付きバレは利用無料。

また海側のプールにはジャグジーが数か所にあり、海を見ながら極楽💛。

↓プールバーではお食事もオーダー出来ます。私はどこでもシーザーサラダを頼むことが多いのですが、アンチョビ入りで絶妙な美味しさ!でここのが一番好きかも、です。

お部屋から直結している、ラグーンプール。プールアクセスの部屋は西洋の方に人気が高いです。(ラグジュアリールーム プールアクセスという部屋カテゴリーがあります。)

キッズのプールも楽しそうでしょう♪ソフィテルはキッズクラブや子供の遊び場がかわいいのでファミリーにもおススメです。プールの左側は砂浜風、打たせ水があり、大人は肩こり解消です。

また、ビーチ側には、ニキビーチ、というビーチクラブがあります。
ニキビーチは、マイアミ、セントトパーズ、マラケッシュ、コサムイ、マジョリカ、イビサ、モンテカルロ、ドゥバイ等…世界の名だたるリゾートに展開するまさにリッチな最先端の大人のビーチクラブ。

とはいってもここはバリ。気軽にファミリーでも楽しめます。

ヌサドゥアのビーチはタンジュンベノアと違い、基本地元の人がいないので、いるのは観光客のみ。海の景色を楽しみつつ目の前にあるのですぐ入れる、砂浜の上で南国バカンス気分が味わえる、のがヌサドゥアのいいところ。そして東海岸なので朝日が見れますよ。

●朝食は、KWEE ZEEN(キュイジーン)レストラン

ビュッフェスタイルの朝食は、数えきれない種類が並びます。
 
パンやチーズやサラダも充実、その場でお好みの具と一緒にゆでてくれる麺類、インドネシア料理まであり、毎日豊富なメニューが楽しめます。
 

そして、スパがカッコイイのでご紹介。● SO SPA (ソースパ)

重たい扉を開け、ロビーへと一歩足を踏み入れると、高い高い天井。
そして真っすぐ長く続く「水」が見えると思うのですが…
普段聞くことのない、通り過ぎていた…「水の音」だけが響き渡る静寂な空間が待っていました。
音楽じゃなく、目を閉じて水の音に心を傾ける。
中世のお城のような重厚感と近代的なモダンスタイルがミックスされたような雰囲気で、
五感を癒す、精神を癒す、特別な場所がソースパです。
↓左1名様用トリートメントルーム、右はリフレクソロジーエリア。なんてスタイリッシュ!

もう一つ、ビエチュラというスパがありますが、こちらはクリニックに近い雰囲気で、痩身や機械を使った治療のような様々なメニューがあります。
 
クタ~スミニャックは、ビーチで波が割れるため流れもあり泳ぐのには適していませんが、ヌサドゥアは沖の珊瑚礁で波が割れるので基本海岸は穏やか。(その時の天候によります。)
オンザビーチの海やプール、ビーチベッドの上でのホテルライフを過ごすならヌサドゥアがおすすめです。太陽やヤシの木の下で過ごす南の島での休日、にぴったりなソフィテルは明るく開放的、洗練されたフレンチスタイルも取り入れたおすすめリゾートなのです。

Sofitel Bali Nusa Dua Beach Resort(ソフィテル バリ ヌサドゥア ビーチ リゾート)
詳細と予約はこちら。

 

最後に…
ロビーからは昼は青い空と海が見渡せますが、夜は星空が広がり最高です。


リゾートを見渡せるよう椅子が置いてあるので是非ここからの景色、眺めて見て下さいね。



こちらの記事もどうぞ




ランキングに参加しています!クリックお願いします!

バリスクープ (Bali scoop)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。