ブルガリ物語 第二章 美しき日

ブルガリ物語 第二章 美しき日

BY hisss · 2017年3月21日


潮風、波音、ESPA.
P1160827 S PICASA PS 400 300
スパです。

スパのレセプションは、ジョグロスタイルというジャワ島の建築を解体し、
バリ島に運び、再び組み立てたアンティーク。

ESPAは最高品質の植物エキスやマリンアクティブなどを原料とした英国の製品。
The Spa - detail shot
テラピストはこのESPAの英国式トレーニングを受け技術を身につけています。
ESPAのEはEducationのEだそうです。
スパルームは、リゾートの西の方に位置していて、より海は近く、波の音がはっきりと聞こえます。
(海側に面していないスパルームもございます。)

そう、バリの海の絶景スパは、ここ!

エアコンは不要、海風の心地よいスパルーム、ESPAの薫りに癒され、波音を聞きながら受けるスパ。
贅沢ですね…夢を見ているようなシアワセな一時をお過ごし下さい★

スパに続いてはレストランのご紹介…
P1160771 S PICASA PS 400 300
の入口にはこんな石が…
P1160958 PICASA PS
スタッフが毎日お供え物を置く神聖な場所なのだそうです。

朝食、ランチ、ディナーでオープンしている、サンカール。

サンカール=インドネシア語で鳥かごを意味します。

朝食は、
入口を入ると…
たくさんの種類が可愛く並んだミニペイストリーのコーナーがお出迎え。
P1160772 BF PAN S PICASA PS 400 300
ビュッフェでは、サラダやチーズ、ヨーグルト、フルーツ、パンケーキ、ソーセージ、インドネシア料理、
麺類のコーナーやエッグステーション、日本食は焼き魚、納豆や漬物、豆腐とワカメ、ネギのお味噌汁等々
サンカールの美味しいメニューが並びます。
P1160785 SALAD S PICASA PS 400 300
嬉しい特徴は、それぞれのお料理につけるソースや薬味の種類が豊富に準備されているところ。
おかゆにもたくさんのトッピングが出来ます。
P1160778 BF S PICASA PS 400 300
ランチやディナーは、
UDANG GALAH というエビ料理、等インドネシア料理がとても美味しいと評判。
味わい深い絶妙なスパイス加減が日本人にも合うのでインドネシア料理が好きになるかも。
究極のナシゴレン ULUTIMATE NASI GORENGというメニュー(ロブスターつき)もあります。
どんなのが出てくるのでしょう。。

 

そして、

18:30より営業のイタリアンレストラン、イル リストランテ。
Il Ristorante
真っ黒なレストランに真っ白なテーブルクロスと美しいカーテン。
壁に飾られている白黒の写真に思わず見とれてしまいました。

なんて素敵。。。

 

お料理が出てくる前に出されるサクッフワッの焼きたてのパンが美味しすぎます。
P1160738 IL PAN S PICASA PS 300 400
美しい洗練されたお料理の中でもロブスターのリングイネはバリでこんな美味しいパスタ食べたことない!です。
(日々さほど美味しいもの食べてませんが…)
テンダーロインステーキも焼き加減柔らかさソース完璧。
焼きたてのスフレ。サクふわのデザート。真ん中を少し開けて、ミルクソースを注ぎます。
P1160767 FOOD4 S PICASA PS
直輸入する最高のイタリア食材と島で有機栽培される食材を見事に融合させた創作イタリアン。
イタリア・トスカーナ生まれの料理長、ニコラ・ルッソが、
季節の上質な素材を厳選し、イタリアンのルーツに忠実に腕を振るいます。
Nicola Russo (Italian Chef de Cuisine - Bulgari Resort S
温められたお皿にクロッシュという銀の蓋をし、目の前でそっと開けてくれる魔法のようなお料理、
黒で統一されたエレガントな雰囲気、
水面に光がゆらゆらと舞うプールを見渡す眺め、
繊細な心遣い…
どれをとってもバリでも一番おススメのイタリアンレストラン!
ワインのお好きな方は、イルリストランテ厳選のワインペアリングコースでどうぞ。

 

それから絶対に見て欲しいビーチのご紹介。

断崖絶壁
上から見ると………
P1100786 INCRENATOR IKU S 500 667
高尾山のケーブルカーも結構な角度ですが、一体何度でしょう、この角度。
インド洋には最も豪快な波が打ち寄せるこちらのビーチ。

下から見上げると・・・・
_AR_1418 INCRENATOR KAERI S 400 300
足尾銅山のトロッコです。。
P1160978 BEACH ORIRU S PICASA PS 400 300
約3分、ガラス貼りのインクリネーターと呼ばれる乗り物で、この急斜面を降りますと…
こんな、映画みたいな秘密のビーチが現れます。

あら、素敵。。。
こちらは、宿泊のお客様のみがアクセス出来るビーチクラブ。
人里離れた別世界のため、営業は17:00まで。
デカプリオ様とスーパーモデルがセレブな休日を過ごしているではあーりませんか?
(なーんて…妄想してしまうくらいに現実を忘れてしまう特別な場所なのです。。)

 

すぐそばには、ラ・スピアッジアという潮風が吹き抜けるレストランもあり、
La Spiaggia 400 300
海だけを見ながらのランチ。
P1100797 LASPIAGIA S PICASA PS 600 450
その日のお魚ランチ、シーフードバスケット、海老のリングイネ等冷たいドリンクと一緒にどうぞ。
P1160981 SPIAGIA S PICASA PS 400 300
ブルガリは一人旅にもいいな、と思った瞬間。。。

 

最後に・・・

少しお部屋についてお話しさせて頂きます。
ブルガリの1ベッドルームヴィラは、
・オーシャンビューヴィラ、
・プレミアオーシャンビューヴィラ、
・オーシャンクリフヴィラ、
に分かれますが、部屋は一緒で景観が異なります。

先日景観の違いを見たく、3つのカテゴリーを見てきました。
違いは、ヴィラが位置する高さ->ビューが異なってきます。
オーシャンビュー 35棟が比較的高いところ、
プレミア 12棟が真ん中あたり、
この2つのカテゴリーは、前のヴィラ等が景観に含まれます。
クリフ 8棟は最前列、視界にはどこまでも続く水平線。

勿論1棟1棟少しずづビューが異なるのであくまでも参考まで、、、となりますが、
いずれもヴィラ内の同じ場所に立ち撮影した写真でご紹介します。

オーシャンビュー
OV 1 400 300 OV 2
木々などがないと外側から見えてしまいますので、プライバシーを保つために南国の木々は必須です。
一番右の写真では、左手にサンカールレストランの屋根がちらりと見えます。
周囲のヴィラの藁葺き屋根が美しいフレームのようになりその先に蒼い海の眺めとなります。

プレミアオーシャンビュー
PREMIUM 1 PREMIUM 3 PREMIUM 5
より海が近くなってきます。3番目の写真に見えるのがスパの屋根です。

オーシャンクリフヴィラ
P1100782 VIEW CLIFF 1 S PS 400 300 P1100784 VIEW CLIFF 3 S PS 400 300 P1100783 VIEW CLIFF 2 S PS 400 300
断崖のふち、最前列、
ブルガリのリゾート内、どこにいても本当に静寂なのですが、クリフまで来ると聞こえるのは波の音だけ…
海に吸い込まれてしまいそうな絶景になります。
当たり前ですが、
結論。
クリフがいい。
このビューやばい。

夜はこの波音を聞きながら眠ります…
サラサラサラサラ~とした波ではなく、ウルワツならではの力強く打ち寄せる波音。

しかし、オーシャンビュー↓でも十分です。全然大丈夫です。どこでも最高です。
ブルガリですから…

と、長々とモノと景色の話ばかりをしてきましたが、

到着して、はじめて出迎えてくれたゲストリレーションの方の笑顔、凄く良かった。

どんな小さな質問にも、リゾートのどこにいてもスタッフが笑顔で答え、快適に過ごさせてくれる気配り、
なかなか出来ないことのように思います。
ハネムーナーやカップル向けのホテルなのかと勝手にイメージを持っていましたが、
初めての方、ご家族でも、シニアの方でも、一人旅、どんな方にもおススメします。

この土地や石やアンティークのルーツや歴史、
黒や香りの意味、
ソテリオ・ブルガリさんがイタリア・ナポリに渡ってきた時代のお話、、
デザインに込められた想い…
もっともっとブルガリについて知りたくなる。

見たもの全ての経験が、五感に深く刻まれる、美しき日々を過ごす場所…がブルガリなのだと感じました。。

 

進化を続けるブルガリのツブヤキはまだまだ続く…

 



こちらの記事もどうぞ



バリスクープ (Bali scoop)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。