日本の職人たちがバリでラーメン作りに熱く挑む!~レッドドラゴン~

日本の職人たちがバリでラーメン作りに熱く挑む!~レッドドラゴン~

BY ミーモ · 2017年6月10日


ここ近年、バリ島で続々とオープンしているもの、何だと思いますか?
答えは「ラーメンやさん」です。あっさり京風ラーメンからこってりヘビーな豚骨ラーメンなど、この小さな島バリで密かにバトルを繰り広げております。まあちょっとオーバーですが、食べる専門のワタシには、大好きなラーメンをいろいろ食べられるチョイスが増えて、うれしい限り!(笑)。

———————————————————————————————————————–
調査依頼その㊶ 新しくオープンしたラーメン屋さん、レッドドラゴンを知りたい!
———————————————————————————————————————–

そんな注目ラーメンやさんのひとつである「レッドドラゴン」は、5月11日にソフトオープンしたばかりの、私的に命名するならば男前ラーメンです!
写真を撮り忘れましたが、ホテルやレストランがどんどんオープンしているデウィスリ通りに、お店の名前通り、赤い龍の看板が目立ちます!

↓お店の正面です。こちらで注文するものを選びます。

↓ オープンスタイルの厨房では、男性スタッフが真剣な表情で働いています。

注文は食堂っぽく、自分でトレーをカウンターにおいて、揚げ物などの一品料理をお皿にとったり、飲み物をとったりしていきます。最後にレジでラーメンを注文し、先にお会計を済ませるという仕組み。

↓飲み物はこんな風に氷の中に水やお茶、ビールの缶やボトルが無造作に突っ込まれています。なんか縁日の露店風でいいですね〜。

厨房やカウンターは黒を基調にしたインダストリアルスタイル、レストランはコンクリート打ちっ放し風のシンプルでクールな印象です。インテリアも全体に男前な感じ(笑)
↓2階。電球の温かい色合いが和めます。

↓1階厨房奥にあるレストランスペース。このこぢんまりさ、妙に落ち着きます。

↓厨房手前にあるテラス席はストリートビュー。ワタシはあんまり知らないのですが、夜はこのデウィスリ通り、かなり賑やかになるそうなので、ストリートウォッチングとかも楽しそうですね♪

さて、それでは本命のラーメンの紹介をしますね。
種類は大きく分けて4種類です。ベーシックなラーメン、まぜそば、つけ麺、そして担々麺。最近はひとことでラーメンといっても、いろいろな種類があるのですね。。。
そしてスープですが、鶏ガラスープと豚骨スープの2種類あります。
インドネシアはイスラム教徒が多く、豚を食べるのは宗教上ご法度。そういうお国柄も考慮されています。
スープは作り置きはせず、毎日ちゃんと出汁をとって作っているそうですよ。作り置きとは全然香りも風味も違うんですって。

↓豚骨スープのまぜそば Rp.56,000。チャーシューの端っこはかなり濃厚なお味、野菜や温玉、チリなど、たくさんの具が乗っていますが、一気にかき混ぜて頂きます。しっかりした味付けで麺は太麺を使用。ダイナミックにどうぞ〜!

↓豚骨のつけ麺 Rp.58,000。写真では沈んでみえませんが、スープにはチャーシューも入っています。こちらも太麺を使用しています。ラーメンのつけ麺、初めての経験でした(笑)

↓そしてやっぱり落ち着く、ベーシックなチャーシューラーメンRp.52,000。こちらは鶏ガラスープを頂きました。ほんのり甘ささえ感じる、とてもまろやかでやさしい味のスープでした。麺は細麺。鶏肉を使ったチャーシュー(?)は想像していたよりも美味しくて柔らかくちょっと感動です。

↓レジの横には辛さを調節できるよう、チリがどんぶりいっぱい置いてあります。
インドネシア人は辛いの大好きな人が多いですからね。必需品(笑)

Red Dragon Ramenレッドドラゴン
Jl. Dewi Sri No.47, Unit G, Kuta
Tel : 0361-9342872
Open : 18 : 00 ~ 23 : 00 (L/O 22 : 00)



こちらの記事もどうぞ




ランキングに参加しています!クリックお願いします!

バリスクープ (Bali scoop)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。