風を切って走る!爽快なATV&バギーはアウトドアの真骨頂

風を切って走る!爽快なATV&バギーはアウトドアの真骨頂

BY ミーモ · 2016年12月21日


自然の豊かなバリ島ではアクティビティもいろいろ。マリンスポーツやサーフィンなどの海でのアクティビティは有名ですが、山でもいろいろ楽しめるんですよ。ラフティングはその代表ですが、最近、日本人ゲストが増えてきているというATV&バギーを体験しに行ってきました!
——————————————————————————————————————————
調査依頼その㉑ バリクアッド ディスカバリーツアーズってどんなツアー?
——————————————————————————————————————————
創業17年になる「バリクアッド ディスカバリーツアーズ」は、ウブドのクデワタン地区から、キンタマーニ高原方面に向かう道の途中にあります。バリクアッドの看板がある角を左折し、そのまま道なりに1キロほど進むとあります。ギャニャール県ですが、キンタマーニとのちょうど境目辺りに位置し、南部エリアからだと車で約2時間くらい。

↓やっと到着しました。
1

2

↓こちらが更衣室、トイレなどのスペース。
3

↓飲み物とお菓子をいただき、実際に乗る前にビデオでのレクチャーを受けます。
4

5

↓レクチャー後は、実際に乗ってトレーニングコースを何度か回って練習です!
こちらがバリクアッド(ATV)。四輪駆動の全地形対応バイクです。
6

↓こちらはバギー。同じく四輪駆動、全地形対応の軽量自動車です。両方ともオートマ車なので扱いは基本シンプルです。
7

↓運転席に座ったら、トレーナーさんから扱い方の説明を受けます。
8

9

↓まずは30アールの広さのあるトレーニングコースを20分ほどかけてぐるぐると何度も回ります。
10

11

この練習での乗りこなしと、ATVの経験などをトレーナーが分析してコースが決まります。実はコースはいろいろあるそうで、例えば ATVライドの経験豊富なマッチョオージーなどは、険しい山道や川の中をガンガン入っていく絶叫エクストリームコースなんだそうです。 まだATVにあまり馴染みのないゲストや初めての人には、農村を見学したり平坦な道路も混じった、景色も楽しめるちょっと余裕のコースになるそうです(日本人ゲストはこちらのコース率が高いそう)。実は私、7〜8年前にジャティルイの近くでATVに乗ったことがあるのですが、どうやらエクストリームコースだったようで、ジャティルイの美しい田園景色を楽しむ余裕は全くなく、覚えているのは、目の前の泥道のみでした(笑)。
ということで、今回はちょっと余裕のあるコースです! 余裕といっても、途中上り坂の泥道やジャングルなど不整地を交えながらなのでスリルも十分味わえます! しかもバリの農村を通ったり、農園やライスフィールドを見たり。バリの文化や自然も楽しめる一石二鳥のコースです(笑)。

↓練習で腕成らしをして、トレーナーからOKが出たら、早速コースに出ます。
バリクアッドでもバギーでもコースは同じなので、一緒に進むことができます。
12

↓まずは緩やかな山道。トータル約25キロ、約2時間の冒険の始まりです!
13

14

15

↓舗装道路に出ました。余裕の運転♪ 田舎の景色を横見しながら。
16

17

↓また山道へ入ります。途中、牛が飼われていました。
18

19

↓山道を更に進んで行くとヒンドゥー教のお寺が見えてきました。村のお寺でアグン寺というお寺だそうです。立派は門構えなのでここで記念撮影♪
20

21

↓小さな農村に出ました。この村はキンタマーニとギャニャールのちょうど境目になるそうです。頭にものを乗せたなかなか味のあるおばあちゃんに遭遇!
22

23

↓またまた緩やかな山道へ。コンクリートで舗装されている道です。緑も多くなってきました。
24

25

↓緑のきれいな田園にたどり着きました。ライスフィールドを眺めながら暫し休憩。
26

↓続いてはちょっと難関のでこぼこの上り坂。
27
バギーの方はスリップして上れず。。。。トレーナーさんの助けを借りて上りました。
トレーナーさんはツアー中はずっと先頭と最後方についてくれるので、心強いですね。
28

↓バナナの木が並ぶ道。南国ならではですね〜。
29

↓雨期のため、この山中ではほぼ毎日雨が降るそうです。泥道が泥川のよう!
30

↓またまた牛に会いました!バリの牛って目がクリクリしてちょっとバンビっぽくないですか?
31

32

↓また村に出ました。左手にあるのは、、、小学校?
33

今日は日曜日なのに児童がいます。なんでも宗教行事の準備をしているとのこと。みんなちゃんとサルン(腰布)を巻いてますね〜。カメラを向けると、満円の笑顔で受けてくれました!バリの子供たちはホントに笑顔がステキです♪
34

35

↓村を抜けて、またまた山道へ。
36

↓ライスフィールド。緑がさわやか!
37

↓ミカン農園です。実はキンタマーニの主要農作物はミカンなんですよ。
38

↓また牛です。これで3度め(笑)。餌が山盛りです!
39

↓また険しい上り坂にきました。バギーは途中で止まってしまい、この後レスキュー(笑)。ATVはラクラクでした。
40

41

↓またまた泥川のような泥道。
42

↓また村に出ました。ワルンでくつろぐおじさん。田舎ならではののんびりモードです。
43

44

↓舗装道路はぜんぜん余裕の笑顔! もうすぐゴール地点に到着です。
45

46

↓フィニッシュ!! スタート地点とゴールは同じポイントです。ぐるりと一周した感じです。
47

ツアーは各グループが単位になるので、自分のペースで動けます。例えば、ファミリーとエクストリームグループが一緒に動くことはないので、他の人を気にせず焦らなくてすむのがうれしいですね。写真撮影で止まったりするのも自由です。

バギー&ATVライドの後はビュッフェランチ!ゲストのアクティビティの終わる時間に合わせて調理するそうで、新鮮な食事を頂けます。
49

48

50

コースは決っていて、前後にはトレーナーさんたちがちゃんと守りを固めてくれているのですが、自分でハンドルを握っているせいか、気分的には自由にドライブしている気分!まるでバリの自然を制覇したかのような爽快感が味わえます!ビギナーコースに飽きた方、物足りないという方は、絶叫エクストリームコースをどうぞ(笑)。ちなみにトレーナーさんも絶叫コースの方が好きと言っておりましたよ。
やっぱり醍醐味は道泣き道を走るエクストリームなんでしょうねぇ。

Bali Quad Discovery Tours (BQDT)
お問い合わせ、お申し込みは、MaiMaiツーリストインフォメーション 日本語ダイヤル0361-4727951までどうぞ。
MaiMaiカード提示で、ツアー中に撮った記念写真のプレゼントあり!



こちらの記事もどうぞ



バリスクープ (Bali scoop)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。